アーユルヴェーダとは、5千年以上前にインドで発祥した医学で、直訳すると「生命の科学」となります。

発病しから治療を行う西洋医療に対し、アーユルヴェーダはいかにして人々が健康で若く、心身穏やかにすごせるかを重点に置く「予防医学」になります。

その為に、季節による1日の過ごし方、その人の体質に合った食事方法、運動、人と自然の関係など、生き方そのものを教えてくれる幅広く奥深い世界でもあります。



アーユルヴェ−ダでは、この宇宙が『空・風・火・水・地』5元素の組み合わせで出来ていると考え、人の身体もまた小さな宇宙と考え、その中に3つの生命エネルギー

ヴァータ(空・風)

ピッタ(火・水

カパ(水・地)

が備わり、身体を生かしているといわれています。

この3つの生命エネルギーは個人により強さの違いがあり、生活や体質の違いとして現れます。

また、季節・年齢・時間帯・食べ物によっても変化するものでもあり、これらのバランスを崩すと肉体的精神的にも不調になり、病気になっていくと考えられています。

現在の環境により生活が乱れがちな現代人には、まず自分の本来の体質が何であるか、現在はどのエネルギーが優勢になっているかを知り、そして、体質に合った正しい生活・食事・トリートメントを行い、エネルギーのバランスを整え、心身健康で満ち足りた状態に自身を整える事が大切です。


もみの気ではその人の体質、ドーシャのバランスにあわせた、ハーバル(薬草)オイル、ハーブを選定し、その方にあわせたマッサージ、施術を行います。

ドーシャのバランスをとる

アーユルヴェーダの目的の一つはドーシャのバランスを判断し、勢いが強すぎるものを減少させ、バランスがとれた状態にするということです。

使用するオイルは、現地スリランカでクオリティーの高い根・葉・種など、何十種類ものハーブをブレンドして、約1ヶ月間煮込んだ100%無添加のハーバルオイルです。 もみの気では約10種類のオイルが用意され、お客様の体質に合わせてスタッフがお選びします。

塗るだけで高いデトックス効果があり、温めたオイルの気持ち良さは高いリラックスをもたらします。

デトックス(体内浄化)

アーユルヴェーダのハーバル(薬草)オイルやハーブパウダーでマッサージすることによって、体内に蓄積されている体内毒素(アーマ)を浮かしだし、その後スチームバスなどの発汗法を行うことによってハーブの必要な栄養はとりいれ、不必要な毒素を体外に排出しやすくします。

マッサージの後は解毒作用の強いハーブティを飲んでいただき、さらにデトックスをうながします。



1.アビヤンガ(ハーバルオイルマッサージ)

アビヤンガはアーユルヴェーダの代表的な治療法のひとつです

もみの気のオイルマッサージは、お疲れの所やこっている所もしっかりほぐしながらオイルを体内に入れていきます


2.シロダーラ
額の『第3の目』に温かいオイルを垂らし、リラックスの源α波を最大に引き出します
効果>頭痛・眼精疲労・不眠症・ストレス

3.カティバスティ
まるで温泉につかったようなポカポカ感で仙骨を温め、内側からの不調を整えます
効果>腰痛・神経痛・生理不順・冷え・便秘

4.ハーブボール
温めたハーブのエキスが染込み、体の芯から心地よくほぐれていきます
効果>頑固なコリ・腰痛・関節痛・冷え・むくみ

5.ハーバルフェイシャルパック
スチームバス中にパックをする事で、お肌に潤いを与え、肌の再生を助けます
効果>美白・美肌・目の疲れ

6.ウドゥバルタナ
ウドゥとは『上昇する』という意味
ハーブパウダーでマッサージする事により、乾布摩擦のような効果があり、皮膚・粘膜・関節等を強くします

7.シロアヴィヤンガ
アヴィヤンガは『母のような手でさする』という意味です
オイルで頭をマッサージする事で血行を促進し、頭皮の緊張を和らげます